ワクワクメールwiki サイメ

ワクワクDB超え?
大手全サイト対応の裏情報共有データベースサイト発見!

ワクワクDB、ハピメDB、PCMAXDB、イククルDB
YYCDB、JメールDB 全部入り!

ホ別2DB
作成したマニュアルはこちら
ワクワクメールは今だけ、このリンクからの登録で最大1200円分のポイントGET
ワクワクメール
素人初心者が一番多いハッピーメールは、チャンスがいっぱい。
今なら、このリンクからの登録で最大1200円分のポイントをプレゼント
ハッピーメールバナー

ワクワクメールwiki サイメ

直メの対義語。サイトメールの略。
出会い系サイト内で、相手と個人的にやり取りする際に用いられるメール。通常、ワクワクメールなどのポイント制の場合、男性のみ5~10ポイント程度の費用がかかる。
ポイントの安い伝言板でやり取りする手もあるが、伝言板は貧乏がバレるだけで、あまり実りはない。

男性もポイントが掛からないサイトも存在するが、その場合、入会登録と同時に他サイトに多重登録され高額の請求が来る、若しくは大量のスパムメールが来るなど、ワクワクメールと違い、悪質サイトである。

ポイントは安いければいいのか?

とかくポイントの安さに目が奪われがちである。
確かにポイントが安ければ、沢山のメールを送ることができ、攻略のチャンスが増えるようにも思われる。
しかしそれは、ライバルである他の男性にも言えることで、結果として女性には大量のメールが来ることになり、読んで貰える確率はおのずと減っていってしまう。1通が200円、300円するようなサイトは論外だが、100円程度以内であれば、「出会い係数(参考ページ)」の観点からサイトを選ぶことも一考である。

直メを教えてくれない=CB?

他人にメルアドやLINEのIDを教えるのは、とりわけ女性なら少なからず抵抗があるというもの。しかも相手は、出会い系をやっているような男である。また女性にも、当然のことながら、相手に対する好みというものがある。直メを教えてくれないから即CBという判断は、やはり早計と言えるだろう。

サイメのメリット

言う間でもなく、その匿名性にある。
ワクワクメールには、出会いを求める女性以外にも、業者割り切り、ネカマ、メンヘラ等々、多種多様な人種が生息する。自分の意図と異なる相手とやり取りしている場合も多々ある。会ってみたらDBSBBAで、とても攻略には値しないというのは日常茶飯事である。
実際に面接するまでは、サイメのみでやり取りするというのも、保険として、一つの手法。
特に人妻との割り切りには、サイメのみが安全であろう。

ワクワクメールwiki総合索引へ

タイトルとURLをコピーしました